• 松田はるか

雪がふったら…☃️✨


こんにちは🌈

夜中から雪が降り続き、家も車も雪ですっかり隠れました

30cmくらい積もりましたよ



家の前は住宅地で撮影できないので

年始の雪の日、田園風景を載せます😊



今日は雪の降る日に子どもと読みたい

絵本を一冊紹介させてください♪


この季節だけの特別な贈り物の

絵本です☃️




「ゆきがふったら」レベッカ・ボンド作 さくまゆみこ訳




中身も少しチラリ




雪が空から降ってくる眺め 

目が覚めたら違う世界のようで


家の周りはぜんぶ雪景色

田畑と山は銀世界


さわるとふわふわ

手の中でゆっくり溶けていく冷たい雪



雪はたくさん降ればなんだって

作れちゃいます

自由自在に形を変えることができて


雪うさぎ、雪の椅子、滑り台と階段

かまくら、またがれるほど丈夫な

雪像だって作れます



(世界には雪と氷でできたホテルがあって

お風呂やベッドで眠ることも

できちゃうんですよ−3度の世界。

床、壁、ベッド、グラス、全て氷!

そう思うと大人だって雪と

氷の世界が好きなんですよね)


雪がふると大人は大変になるであろう

先のことを考えて

(早起きして寒い中の雪かき、

渋滞や運転の不安‥そして何より寒い!)

つい億劫になってしまいますが



冬だけ見ることができる綺麗な雪景色は本当に幻想的です✨



雪の降るひを楽しみに待っていた子どもの頃

かまくらや滑り台を作って

よく遊び、とても楽しかった記憶があります



子どもの頃のように雪の日が

とっても楽しみになる絵本ですよ☃️

気になる方はぜひ手に取ってみてくださいネ❄︎




この絵本を読んだ後、年始の雪の日に娘とかまくらを作りました♪



まるで雪のしたで春を待つ穴熊のようでした❄️笑






そしてもう一冊

新刊の子どもの読み物ですが

可愛い表紙だったので借りてみました♪


絵本や児童文学に年齢対象はあっても

誰が読んでも問題ないのです

絵本は心がほっこりするので大好きです



ふしぎなふしぎな診療所

小さな頃から一緒に過ごしている

大事なぬいぐるみは家族のようなもの



ひとつ目のお話を読み終えて、心がホッとして

もっと読み進める前に

記録しておきたくてパシャリ


ちょっとした休憩の時には

スマホから離れて本を読むのもいいですね✨

身体や心をちょっと休めたい時に読みたい本です😊



今日も最後までお付き合いありがとうございました


雪が積もっている地域の方は除雪や運転

など、お気をつけくださいね


それではまた♪



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示